15:24 2021年09月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

感染症の専門医スベトラーナ・マリノフスカヤ氏は、ロシアの「ラジオ1」に出演し、精神状態の悪化は、新型コロナウイルス感染を誘導する恐れがあると指摘した。

マリノフスカヤ氏によると、精神状態は免疫系に強い影響を与えるという。恐怖、パニック、憂鬱になると、体の抵抗力は低下する。同氏は、新型コロナウイルスの感染率の高さは、免疫力の低下によるところが大きいとみている。

同氏はさらに、新型コロナ感染による精神的ダメージについても言及。この場合の精神面の悪化は、時として広範囲に及ぶため、感染者は自己保存の本能に逆らって治癒本能を止めてしまうことがあると指摘している。

同氏によると、新型コロナが認知能力に与える影響はまだ完全には解明されていないが、このウイルスは感染者の精神に深刻な影響を及ぼし、回復後には長期的なうつ病を引き起こすことが知られているという。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント