05:18 2021年09月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

研究で一連の疾病で胃や消化管に発生する酸性環境がコロナウイルスの活性化を強めることが明らかにされた。この研究結果は医学誌「フロンティア・オブ・メディスン」に発表された。

COVID-19の重症者は肺のアンジオテンシン変換酵素2( ACE2)レベルが他の感染者に比べて高いことはすでに知られていた。慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺動脈性肺高血圧症(IPAH)などの併発疾患は、通常、重症化の原因となる。アンジオテンシン変換酵素2の発現は、グルコース濃度の上昇、低酸素、細胞ストレスなどの特定の条件に依存していることから、科学者たちは、腸粘膜関連の併存疾患が感染症の重症度を左右しうる可能性を示唆した。

研究グループは、1357人のSARS-CoV-2感染者を対象に、独立したコホート研究(疾病の要因と発症の関連を調べるための観察的研究)を実施した。その中には、胃食道逆流症の診断歴がある人もない人もいたが、集中治療室の患者の構成を分析した結果、胃食道逆流症の患者グループは重度の感染症を発症するリスクが高く、死亡率は胃食道逆流症にかかっていない患者グループの2~3倍であることがわかった。

科学者たちは、胃食道逆流症(GERD)やバレット食道などの疾患で胃や食道に発生する酸性環境が、SARS-CoV-2コロナウイルスが活性化することを確証した。これは、pH値が低いほど、ウイルスが細胞に侵入する際に利用するアンジオテンシン変換酵素2受容体の発現量が増えるため。さらに特定の胃食道逆流症の治療薬を服用したためにコロナウイルスの症状が重症にまで悪化する危険性も高まる。

研究者らはこの研究結果から、コロナウイルスの悪化させる併発疾患のリストに高酸関連疾患を含めるべきだと提案している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
科学, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント