00:06 2021年09月21日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 04
でフォローする

コロナウイルスのワクチン接種率81%と世界的にも高水準にあるシンガポールで、新たな感染者の増加傾向が見られることから、政府は60歳以上の人を対象にしたブースター接種(3回目のワクチン接種)の開始に踏み切った。NHKが報じた。

シンガポール政府のワクチン接種センターのサイトによれば、同国が接種に用いているワクチンはファイザーとモデルナの2種。NHKの報道によれば、デルタ変異株の拡大に伴い、市中での集団感染が増えており、新規感染者数は8月中旬の15人が1月後の9月14日には832人にまで増えている。シンガポール政府はこの事態をうけ、9月15日から60歳以上の人などを対象にしたブースター接種を開始した。

シンガポール政府はこの措置について、接種後の時間経過で免疫が低下すること、高齢者は重症化しやすいことを理由に挙げている。

一方で世界保健機関(WHO)からは、現在、大規模なブースター接種を実施する切迫した必要性はないとの考えが示されている。WHOは、ファイザー、モデルナなどの伝令RNAワクチンにしろ、アデノウイルスをベースにしたロシアの「スプートニクV」にしろ、あまりにも早い時期または頻繁に追加接種を行うと、心筋炎やギランバレー・バレー症候群を起こす恐れがあると指摘している。

現在、日本ではいわゆるワクチン接種後に感染する「ブレークスルー感染」が確認されている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント