01:14 2021年10月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

新型コロナウイルスのmRNAワクチンによる完全な予防接種には3回目の接種が必要となる。米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長が英紙テレグラフの取材の中に応じた中で明らかにした。

ファウチ氏は英紙テレグラフの取材の中でこのように発言した。

私の考えでは、最終的にこの状況を振り返れば、3度目の接種を盛り込むのが正しいレジームになるであろう。

ファウチ氏はブースター接種のアイディアを支持している。同氏の話によると、この問題がつぶさに検証されれば、ファイザーのようなmRNAワクチンの場合は2週間から3週間のスパンをあけて2度目の接種を行い、それから数ヶ月後に3度目の接種を行うのが予防接種の正しい仕組みになるという。

コロナウイルスは何度も専門家の目を欺いてきたことから、パンデミックが終了する時期を予言することは難しいという。ファウチ氏によると、2022年春にパンデミックが終了する希望はあるとのこと。

関連ニュース

タグ
米国, ワクチン, Moderna, 新型コロナウイルス, AstraZeneca, Pfizer
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント