10:09 2021年10月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 02
でフォローする

ギリシャでは2020年8月から出入国管理で人工知能(AI)アルゴリズム「Eva」の利用が始まり、新型コロナウイルスのPCR検査の有効性が約2倍に高まった。

ギリシャ当局は2020年夏、外国から到着した感染者を特定するため、「Eva」と名付けられたAIアルゴリズムの利用を開始した。Evaは、新型コロナの検査をするべき到着客を特定する。

アルゴリズムは、到着者のデータ(国、地域、年齢、性別)と以前の検査結果を用いて分析し、新型コロナウイルスの感染者が最も多いグループを特定する。Evaはこれらの評価に基づき、PCR検査を受ける到着者の部分集合を決定する。

Evaの活用により、ギリシャの国境警備隊は、ランダムに検査を行う方法と比べ、無症状の新型コロナ感染者を特定する確率が85%高まったという。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ギリシャ, 人工知能
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント