14:00 2017年12月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 0°C
    サルバドール・ダリ

    ロシア人、世界最大のダリ彫像コレクションを築く

    © 写真: Alexey Klimushin
    文化
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    0 51

    ウラル地方の実業家アレクサンドル・シャドリン氏はスペインの巨匠サルバドール・ダリの彫像の世界最大のコレクターである。このコレクションを携え、氏はロシア全土を旅した。

    モスクワに、自身の所有する二人のスペイン芸術家、ダリとピカソの作品を運び込んだ。この二人がひとつの展示空間に並ぶのは世界初のことである。すべての作品が本物であることは、ダリおよびピカソの専門家らが確認済みである。展示には、絵画あり、グラフィックあり、銅像あり、石膏像あり、リトグラフあり、リノカット(版画の一種)ありである。

    アレクサンドル・シャドリン氏のコレクションより
    アレクサンドル・シャドリン氏のコレクションより
    全ての展示品が、コレクターでメセナ事業者である実業家・シャドリン氏が個人で所有するものである。世界各地で、長い期間をかけて収集された。それぞれの品にそれぞれの物語がある。たとえばここにピカソの石膏像がある。これは2012年にクリスティーズのオークションで落札されたものだ。また、ここにダリの銅像とリトグラフがある。これはダリ基金総裁でダリの著作権継承者ベンジャミン・レヴィから買ったものである。ここまで集めるのに10年ではきかない時日がかかった。それも驚くにはあたらない。当ラジオの取材に対し、シャドリン氏本人が明かしてくれたが、名作ハンターの最高の戦略は待つことなのだという。たとえ何年という時間でも。

    貴重なコレクションを集めるためには、芸術への強い関心、集めることへの熱中、潤沢な資金、これらが全てが揃わなければならない、とシャドリン氏は語る。

    「一番大事なのは、美を愛することだ。愛は、あるかないかの二択である。金持ちになることは出来る。しかし、何かを見て、感動し、嘆息すること、つまりは美を愛する能力というものは、限られた人にしか与えられていない。私は14歳でダリの画集を見た。ソビエト時代、ダリ作品はブルジョア芸術の烙印を押され、現物を直接見ることは不可能だった。そのダリを見たことで、私の世界観は転覆されてしまった。これは無二無類の芸術である、全く違う世界だ、そう私は思った。その時誰かが私に、お前は将来この画家の作品のコレクションを所有するのだ、なんて言ったとしても、私は信じなかっただろう、1987年、私は当時務めていた学校を辞めて、実業界に入った。最初の給料で、普通の人なら車とか、部屋とか、服とかを買うところ、私は芸術品を選んだ。地元ウラルの芸術家の作品を買い、展覧会を開催するようになった。こうして私のコレクターとしての活動が始まったのだ」

    アレクサンドル・シャドリン氏のコレクションより
    アレクサンドル・シャドリン氏のコレクションより
    2つの展示室で、シャドリン氏が自身のコレクションについて愛着たっぷりに物語る映像がオートリピートで再生されている。作品のディテールを細々紹介する映像になっている。展示室は、一方がダリ芸術をテーマとし、他方はピカソ。ピカソは、シャドリン氏によれば、精神的に自分に近いという。ピカソが石膏で作った何とも言えない形象、歴史的なテーマ、スペインの風景、スペインの文化、闘牛のシーンを表現したものなどが展示されている。

    ダリ作品の大半が、複数の作品からなるシリーズものである。たとえば「闘牛」という版画は、ピカソの同名シリーズに対抗して作られたものである。ピカソの闘牛が祝祭、マタドールの勝利、猛り立つ雄牛ということなら、ダリのそれは、そのあふれ出る想像力により、シュールレアリスムの世界における闘牛のアリーナへと変貌している。ダリのホールでは、ダリの最高傑作シリーズとして名高いリトグラフ「ダリの花」が展示されている。また、時計「時間のダンス」「カタツムリと天使」「宇宙のヴィーナス」といった彫像シリーズ、さらには石膏シリーズ「宇宙征服」が展示されている。そして、ルネッサンス期の風刺小説「ガルガンチュアとパンタグリュエル」に寄せたイラストレーション、「毛沢東」と題した珍しいシリーズ、偉大なる指導者の詩篇へのイラストレーション、日本の民話に対するダリの視点が反映された「日本のお話」など、目を奪われる展示品が数々紹介されている。

    アレクサンドル・シャドリン氏のコレクションより
    アレクサンドル・シャドリン氏のコレクションより
    展示場ではここでしか手に入らない特製カタログが売っている。編集はコレクターの息子、ヤロスラフ・シャドリン氏である。作品の写真と基本データに加え、2人の芸術家の知られざる伝記的事実、コレクション樹立への苦労話、さらにはダリの伴侶でありミューズであるガラ(本名はエレーナ・ヂヤコノワ)の家系図研究などの資料も掲載されている。ちなみにピカソの最初の妻、ダンサーのオリガ・ホフロワも、ロシア系である。

    世界にその名を馳せる芸術家の展覧会とあって、美術館には世界中から人が来ている。シャドリン氏のコレクションに、ロシアだけでなく、外国からの関心も熱いのである。どちらが先にコレクションを誘致するかで、いま日本と中国が競争している、という。

    「モスクワの次はミンスクで展示する計画である。その次はバルト諸国。秋には中国か日本に行く。どちらになるかは交渉次第だ。日本に今度、契約を締結しに行く。札幌から始めよう。ただ、期日はまだ確定していない。年内に実現するかも知れないし、2016年1月になるかも知れない。日本側は、1年半から2年ほど借りたままにしたい、その間に全国巡回したい、と言ってきている。福島県の現代美術館にはダリのコレクションがあったが、2011年の自然災害後もあの美術館がやっているのかどうかは知らない(諸橋近代美術館。営業中)。日本側の関心は非常に厚い。日本人ほど文化に対して関心が強い人はいない。私は将来的に、日本の17-19世紀の版画の展覧会を、ロシアで開きたいと考えている。この頃の日本の版画は、ほかの国ではお目にかかれないような、なんとも繊細なものなんだ」

    お終いに、耳寄り情報を少し。アレクサンドル・シャドリン氏の個人コレクションは、世界第4位のものである。第1位は有名な、ダリの故郷フィゲラスの美術館。しかしこの美術館には彫像はない。モスクワにやって来る前、コレクションはロシア55か所の美術館で展示された。その5年間で、実に100万人が展覧会を訪れた。シャドリン氏はダリとピカソの他にも、マルク・シャガールやパウル・クレー、アンリ・マチス、ワシーリイ・カンジンスキイ、ミハイル・シェミャーキンなどの絵を所蔵している。シャドリン・コレクションに連なるすべての作品が、安全のため、ロシアの美術館の倉庫に収納されている。展覧会はもう16年このかたやっており、今後も続ける積りだという。

    タグ
    サルバドール・ダリ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント