18:07 2017年03月29日
東京+ 12°C
モスクワ-2°C
    ロシアの古都スズダリで3月29日、第20回ロシアアニメーションフェスティバルが閉幕した

    「なぜバナナは刃向かうのか?」

    © 写真: Suzdal Festival, Marina Syutcheva
    文化
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    0 19610

    ロシアの古都スズダリで3月29日、第20回ロシアアニメーションフェスティバルが閉幕した。フェスティバルには85作品が出品され、若手映画監督スヴェトラーナ・ラズグリャエワさんの「なぜバナナは刃向かうのか?」が優勝した。感動的な10分間のアニメーションは、海と船を夢見ているものの、「バナナ」の着ぐるみを着て宣伝の仕事をしている男性の幻想的な映像だ。男性はある日、突然しっぽが生えていることに気づく…そして男性は、孤独と疎外感を感じる。

    (1:03 / 6.22Mb / просмотров видео: 13)
    「なぜバナナは刃向かうのか?」 (一部抜粋)

    興味深いのは、スクール・スタジオ「シャール」の卒業生スヴェトラーナ・ラズグリャエワさんが、監督だけではなく、脚本と演出、原画も担当したことだ。風変わりな人間の繊細で悲喜劇的な人物描写は、非常に才能豊か、かつ現代的だ。これが評価されてラズグリャエワさんはグランプリを受賞した。

    フェスティバルでは、コンスタンチン・ブロンジトさんの「私たちは宇宙なしには生きられない」と、ドミトリー・ヴィソツキーさんの「プィクープィクープィク」に、審査員特別賞が授与された。またオレシャ・シュキナさんの作品「ゾウと自転車」が最優秀新人賞に輝いた。スタジオで学ぶ学生たちの中からは、イリーナ・エリシャンスキーさんの「あたたかい雪」が表彰され、児童作品からは、マリーナ・カルポワ監督の「てんとう虫」が優勝した。授賞式は4月8日の「ロシアアニメーションの日」に開かれる。

    今年2015年、フェスティバルは20周年を迎え、これに合わせて一連の刷新が実施された。「最優秀脚本賞」や「最優秀サウンドトラック賞」などの従来の一般的な賞はなくなった。その代わりに、第1位国家アニメーション賞が授与される。しかし、このような変化やその他の新たな試みにもかかわらず、フェスティバルの全ての参加者たちが、アニメーションで最も重要なのは、人間のいきいきとした感情であると確信している。アニメーション作家たちは幻想的な空間をつくり出し、そこに風変わりな登場人物を住まわせ、彼らに逆説的な考えを持たせているが、作品の中では、人間と人間、人間と世界、そして人間とその内部の「自分」との関係が大切なのだ。各アニメーションは、視聴者を追体験させなければならない。その時に笑い、それとも涙を通じてそれを行うのかは重要ではない。

    フェスティバルには毎年、ロシアの約40のスタジオから、監督、脚本家、アニメーター、音楽監督、またアニメーション関係の代表者、「フリーのアニメーター」、学生、さらにアニメーションの愛好家など、1500人以上が訪れる。もちろん各スタジオ、各監督は、自分たちの作品をフェスティバルで紹介しようとする。なぜなら、「ロシアのアニメーションを求めて」スズダリにやってくるフェスティバルの常連客は、国際アニメーションフェスティバルなどへの出品作品を選ぶ関係者たちだからだ。

    コンペティションの枠外で、日本、中国、韓国の作品が上映された。フェスティバルのPR責任者のヴィクトリア・オシポワさんは、東京で開かれたアニメフェスティバルで上映された作品や、中国の短編アニメの新作が上映されたと述べ、次のように語っている。

    「私たちは今年初めてモスクワにある『ジャパン・ハウス』の代表者を招待しました。『ジャパン・ハウス』は東京で開かれたアニメフェスティバルで上映された作品を含むプログラムを用意してくれました。私たちは国際協力の枠内で、コンペティションの枠外プログラムを上映し、大勢の人が訪れました。ホールは満員で、全ての人が日本の現代アニメを鑑賞して満足していました。また中国と韓国のアニメプログラムも上映されました。

    中国とはずいぶん前から協力しています。私たちは外国と協力しながら大規模なアニメフェスティバルのプログラムを交換し合っています。」

    2015年春、ロシアのアニメーターたちの努力により、ロシア全土で始めてキャンペーン「春のアニメ・ビタミン」が開かれる。これはロシアの優れたアニメーションの上映と、子供のためのマスタークラスの開催だ。キャンペーンは4月1日から5月17日まで。ロシアの70地域の200ヶ所以上で上映される。上映に必要な技術的条件が最低限ですむため、学校、芸術会館、児童クラブ、図書館の小ホールなどもキャンペーンに参加することができる。ロシア全土で2万人の子供たちが、「体に良いアニメ・ビタミンを摂取」できる見込み。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント