11:42 2017年03月30日
東京+ 11°C
モスクワ-5°C
    文化

    ペルーで数十体のミイラが発見される

    文化
    短縮 URL
    0 38140

    ペルーの首都リマ郊外で、保存状態の良い数十体のミイラが発見された。インカ帝国以前のものだとみられている。

    発掘調査は、新たな自動車道路建設を前に政府の主導で行われた。

    考古学者たちは調査を開始後まもなくして古代の墓地が見つけ、数十基の墓を調査することに成功した。考古学者たちは、保存状態が良好な大人と子供のミイラを墓から取り出すことに成功した。眼球が残っていたミイラもあったという。専門家たちは、約2000年が経過したにもかかわらず、ミイラはまるで「生きているかのようなまなざしで見ている」と指摘している。

    調査が終了したミイラは、リマの考古学博物館に展示される。

    ミイラは、乾燥した暑い気候のため、保存されていた。

    2014年夏に開始された発掘調査は、2015年6月に終了する予定。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント