03:05 2020年09月23日
文化
短縮 URL
0 15
でフォローする

8日、スウェーデンアカデミーは、2015年のノーベル文学賞を、ベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシエービッチ氏に授与すると発表した。

村上春樹氏
© AFP 2020 / John Macdougall
村上春樹氏

アレクシエービッチ氏は、数十人の候補の中から選ばれた。その中にはブックメーカー(賭け屋)の予想で、ケニアの戯曲家グギ・ワ・ジオンゴ氏と並んで2位だった日本の小説家で翻訳家の村上春樹氏もいた。

ブックメーカーの予想で3位と4位を争ったのは、米国の作家ジョイス・キャロル・オーツ氏と米国の小説家フィリップ・ロス氏。候補者リストにはロシアの作家エフゲニー・エフトゥシェンコ氏や、イタリアの小説家ウンベルト・エーコ氏、チェコの作家ミラン・クンデラ氏、英国の作家ニール・ゲイマン氏、英国の小説家イアン・マキューアン氏、またミュージシャンのボブ・ディラン氏などの名前があった。

スベトラーナ・アレクシエービッチ氏
© Sputnik / Vladimir Pesnya
スベトラーナ・アレクシエービッチ氏

5日、スウェーデンの首都ストックホルムで第114回ノーベルウィークが始まった。すでに医療、物理、化学分野のノーベル賞受賞者が明らかとなった。9日、ノルウェーの首都オスロでは、ノーベル平和賞の受賞者が発表される。1968年にスウェーデン国立銀行が設立したノーベル経済学賞の受賞者は10月12日に決まる。

ノーベル賞の受賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日である12月10日に行われる習慣となっている。今年のノーベル賞の賞金は、約15年ぶりに100万ドルを下回る見込み。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント