00:31 2017年11月19日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    ジェームズ・ボンド

    インド検閲、ジェームズ・ボンドの新作からキスシーンをカット

    © REUTERS/ Luke MacGregor
    文化
    短縮 URL
    0 26611

    インドの映画認定評議会は映画「007」シリーズの新作「007スペクター」のキスシーンをカットした。その理由はキスが行われている時間があまりに長すぎるからだという。19日、英字新聞「エコノミック・タイムズ」が報じた。

    アンドロイド・ロボットのジェミノイドF
    © 写真: 深田晃司監督の映画「さようなら」
    「007スペクター」のインドの初公開は11月20日。「スペクター」はインド映画認定評議会から規制なしでの公開許可を獲得した。ただし12歳未満の児童は親の同伴で鑑賞するよう但し書きがついた。

    「エコノミック・タイムズ」紙によれば、「007スペクター」からは合わせて4シーンがカットないし縮小された。そのうち2シーンはボンド役のダニエル・ロウトン・クレイグが相手役のモニカ・ベルッチとレア・セドゥとキスをする場面で、キスの長さは半分にカットされた。

    ロシアではこの「007スペクター」、2週間で1077万ドルを稼いだ。

     

     

    タグ
    インド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント