16:53 2018年11月13日
今年も元気に日本文化フェス「HINODE」がモスクワで開催へ今年も元気に日本文化フェス「HINODE」がモスクワで開催へ

今年も元気に日本文化フェス「HINODE」がモスクワで開催へ

© Sputnik / Aleksey Danichev © Sputnik / Grigoriy Sysoyev
1 / 2
文化
短縮 URL
181

4月23日から24日、モスクワの文化センター「モスクヴィチ」で第5回日本文化フェスティバル「HINODE」が開催される。

「HINODE」はロシア全土からの参加者を得て、日本の現代カルチャー、伝統文化の両方を紹介する試み。5回目の今年は開幕に太鼓の「ギョウテン」、ビジュアル・アーティストのサカクラカツミ氏、日本フォーク・グループ「ヤナワラバ」、新型芸者のモロオキ・ウララ氏、エコ・パーフォーマーのラーマ・センセイが出場。このほか、日本についてのレクチャー、活け花、漫画、書道、着物などのマスターコースが行なわれる。

日本の芸術についての展覧会、和食のフードコートのほか、見本市もたつ。

フェスティバルでは世界中で行なわれる現代日本文化のワールドコンベンションへのロシア人参加者が厳選される。ロシア全土16の地域から参加し、見事、コンテストに勝ち抜いた人は「ワールド・コスプレ・サミット」(日本)、「国際コミックス、アニメフェスティバル(CICAF)」(中国)、コスプレ・コンベント「クララ・カウズ・コスプレ・カップ」(オランダ)への出場権を獲得する。

タグ
アニメ, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント