18:49 2018年09月20日
スカーレット・ヨハンソン

「攻殻機動隊」ファン、原作の魅力を台無しにしたとしてスカーレット・ヨハンソンを非難

© AFP 2018 / Mark Ralston
文化
短縮 URL
7111

14日映画会社パラマウント・ピクチャーズは、日本の有名な漫画「攻殻機動隊」の実写版よりスカーレット・ヨハンソン氏の最初の写真を発表した。漫画は1991年に出版された。日本ではこれをもとに3本の長編映画が作られ、アニメシリーズにもなっている。

ガーディアンによると、写真はソーシャルネットワーク上で批判的なコメントの嵐を引き起こし、ファンらは原作のヒーローの魅力が「漂白」されてしまったと非難した。

メインキャラクター草薙素子をスカーレット・ヨハンソン氏が演じるという事実は2015年に知られた。当時ファンらはプロジェクトから女優を降板させるよう求める電子請願書を作成した。これには世界中から7万4000人以上が署名した。

マーベル・スタジオの「エージェント・オブ・シールド」シリーズでエージェントメイを務めた女優のミン・ナ氏もTwitterでこのことに触れた。「私はスカーレット・ヨハンソンに反対するものではない。私は彼女のファンだ。ただし、この純アジア的役柄の「漂白」には反対だ」

Twitterに無数のメッセージがあるにもかかわらず、パラマウントスタジオはまだ批判に反応していない。プレミア上映は2017年3月30日に予定されている。米国版「攻殻機動隊」の監督は「スノーホワイト」のルパート・サンダース氏。ヨハンソン氏以外にはジュリエット・ビノシュ氏、北野武氏などが出演する。

関連:

スカーレット・ヨハンソンのロボットが開発される(動画)
タグ
漫画, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント