23:51 2017年08月22日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    復活祭(パスハ)前日の聖土曜日、エルサレムに「聖なる火」が灯る

    復活祭(パスハ)前日の聖土曜日、エルサレムに「聖なる火」が灯る(動画)

    © AFP 2017/ Ahmad Gharabli
    文化
    短縮 URL
    0 27222

    エルサレムの聖墳墓教会に「聖なる火」が灯された。今年の4月30日は正教の暦では翌日に復活祭(パスハ)を控えた聖土曜日にあたる。この火を数千人の信者が見つめている。

    聖墳墓教会ではエルサレム総主教フェオフィルの祈祷が捧げられる中、聖なる火が灯された。この教会はキリストの遺骸を納めた棺が在ったとされる場所に建てられた小さな礼拝堂。毎年、復活祭の前日には「聖なる火」が灯される。

    火が灯されると総主教は、火を信者へと手渡し、信者らはそれぞれが持参してきた33本の蝋燭を束ねたものに点火した。キリストは33歳で死去したことから、この蝋燭の本数はキリストの年齢を表している。

    では「聖なる火」が運び入られる前の儀式として、まず扉に蝋による封印が行われる。これは、教会の内部の点検が終了しており、エルサレム総主教が通常の手段で点火を行なえるようなものは何もないことを示す。

    今日、聖墳墓教会は地元のアラブ人や外国からの正教信者、巡礼者で溢れかえっっている。旧ソ連圏の正教信者らは習慣として多人数の巡礼を組み、復活祭にあわせてエルサレムの聖地をめぐっている。

    タグ
    宗教
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント