20:38 2019年11月15日
エストニア

エストニアでヴァイキング時代のコインや装飾品が見つかる

© Flickr/ Nikodemus Karlsson
文化
短縮 URL
130
でフォローする

後期ヴァイキング時代、11世紀のものと見られるコインや装飾品がエストニアのヴィリヤンディで見つかった。土曜、Postimees紙が伝えた。

地元住民が2014年に光る円盤を見つけ、厚い建材アルミニウム箔かと疑い考古学者に見せると、それがヴァイキング時代の銀貨であることが明らかになった。

考古学者が繰り返し現場を発掘したところ、ほかにもヴァイキングの装飾品が多数発見された。

大半の硬貨がドイツ北部で鋳造されたもので、中にはイングランドで鋳造されたもの、カリフ制アラブの通貨その他の硬貨も発見されているという。タリン大学の専門家らが発見された宝物を洗浄し、研究し、保存している。

タグ
エストニア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント