02:22 2018年10月18日
サリク・アンドレアシャン監督作

ロシアで映画「地震」公開(予告編)

© Sputnik / Aleksey Filippov
文化
短縮 URL
1150

1988年のアルメニア地震を描いたサリク・アンドレアシャン監督作「地震」のプレミア上映がモスクワとエレバンで11月に実施される。制作会社「マルスメディア」広報が伝えた。

「映画「地震」はエレバンで11月10日に、モスクワで11月17日に初上映される。一般公開はロシア、ウクライナ、アルメニアで12月1日に始まる」という。

先日公式トレーラーが発表された。アルメニア地震は1988年12月7日発生、2万5000人の命を奪った。自分の両親が昔死亡した原因を作った男とともに救助チームの一員となった20歳のロベルト・メルコニャン氏のドラマが災害を背景に繰り広げられる。

先に伝えられたところによると、日本で10年ぶりにロシアの新作映画のDVDレンタルが始まる

タグ
映画, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント