21:57 2020年06月03日
文化
短縮 URL
0 140
でフォローする

元米国家安全保障局(NSA)のエージェント、エドワード・スノーデン氏がオリバーストーン監督作の映画「スノーデン」の撮影に参加した。エグゼクティブプロデューサーのイーゴリ・ロパテノク氏がスプートニクに次のように述べた。

エドワード氏は映画に出演する。氏にはモスクワで1日、撮影日があった。」

イーゴリ氏によると、撮影はミュンヘンで主に、そしてハワイ諸島、香港、ワシントンでも行われたが、スノーデン氏は訪れられなかった。撮影作業中、監督は合計で10回ほどスノーデン氏と会った。

イーゴリ氏は、スノーデン氏が映画を見て、承認したと付けたし、次のように述べた。

「主演を演じるジョセフ・ゴードン=レビットもまたエドワード氏と会った」

さらに、映画にはロシアの観客のためのバージョンもあり、米国で公開されるものより4分長くなっている。

イーゴリ氏は、ロシアの観客は少しだけ長く観れて運がいいといい、次のように述べた。

「米国での公開のために何が削られたかは、まだ秘密だ」

関連:

スノーデン氏 2013年に香港の難民の中に隠れて生活していた
スノーデン氏、20万ドル稼ぐ
タグ
映画, エドワード・スノーデン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント