22:40 2017年08月20日
東京+ 26°C
モスクワ+ 31°C
    山本五十六

    シカゴのホットドックと日本の提督そして金歯を結ぶものは?

    © 写真: Public domain
    文化
    短縮 URL
    151751

    ホットドッグとハンバーガーチェーンの所有者であるディック・ポルティージョ氏は、第二次世界大戦時に真珠湾攻撃を計画した日本の提督、山本五十六という名前を知っているシカゴの数少ない市民の一人だ。

    ​昨年7月、ポルティージョ氏は、1943年4月に山本提督の乗った飛行機が撃墜されたニューギニア・ブーゲンビル島を旅行した。

    撃墜現場を訪問したおり、参加者の一人である年配の歴史学教授は、幸運にも、泥濘の中で金歯を発見した。その際教授は、山本提督が空から攻撃された時、顎に銃弾を受けたことを思い出した。

    ポルティージョ氏は、この金歯を1400ドルで買い取り、シカゴに持ち帰った。現在彼は、この金歯が山本提督のものであったかどうかを明らかにできるよう、金歯の中にDNAが残っていることに期待をかけている。DNA鑑定がうまく行った場合、ポルティージョ氏は、自分の冒険についてのドキュメンタリー映画を撮影し、それを日本政府に渡したいと考えている。

    前に伝えられたところによりますと、旧聖書の原典が解読された

    関連:

    「茶屋」でロシアへ観光客誘致
    日本でミュージカル版『罪と罰』上演か
    タグ
    文化, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント