02:53 2020年12月01日
文化
短縮 URL
1186
でフォローする

2016年度「ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞」を受賞した村上春樹氏は30日、作家アンデルセンの出身地デンマーク南部のオーデンセで授賞式に出席した。

氏には賞金50万デンマーククローネ(約770万円)と、「醜いアヒルの子」の銅像が贈られた。

村上氏は授賞式のスピーチでアンデルセンの作品『影』に触れ、個人のレベルでも全体でも必要ならば「影と直面し対決しなければならない」と指摘し、「向き合わなければいつか影はもっと強大になって戻ってくるだろう」と語った。

また、村上氏は排外主義と歴史修正主義について「どれほど高い壁を築き、部外者を厳しく排除して、自らに都合よく歴史を書き換えようが、結局は自分を傷つけるだけだ」と述べた。

関連:

ボブ・ディラン氏、ノーベル賞受賞に同意
ボブ・ディランと連絡取れないノーベル賞委員会
タグ
ノーベル賞, 文学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント