01:36 2018年11月21日
米国、ビデオテープを14年間延滞した男が逮捕される

「僕の文学の欠点は小説の構成が劇的すぎる」-三島由紀夫の未発表テープ見つかる

© Fotolia / Tomer Turjeman
文化
短縮 URL
0 31

三島由紀夫氏が自殺をする9か月前に語った未発表の肉声テープが見つかった。TBSニュースが報じた。「死が肉体の外から中に入ってきた」などと死生観についてや、自らの小説の欠点などを語っている。

「僕の文学の欠点は、小説の構成が劇的すぎることだと思う。ドラマティックでありすぎる。どうしても自分でやむをえない衝動なんですね。大きな川の流れのような小説は、僕には書けないんです」と三島由紀夫が語った。自分の死について「死の位置がね、肉体の外から中に入ってきた気がする」と語った。

新たに見つかったのは、三島由紀夫がイギリス人の翻訳家に対し語った1時間20分にわたる未発表の肉声テープ。テープは、TBSの社内から発見された。特別に保管されていましたが、その存在はほとんど社内でも知られていませんでした。

三島由紀夫の研究者は、「新たな見方を提供する一つになる」と主張。

関連:

村上春樹さん、来月発売の新作にロシアもドキドキ
ヒトラーの『我が闘争』再出版 ベストセラーに-マスコミ
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント