06:01 2020年05月26日
文化
短縮 URL
0 120
でフォローする

中国東部の貯水池で水没していた古代の仏像が見つかった。貯水池の水位を低下させたところ、仏像が姿をあらわしたという。

仏像の動画は、新華社通信のYouTube公式チャンネルで公開された。

貯水池では、水門を修理するために水位が10メートル以上下げられた。結果、岩に彫られた仏像の頭部が姿を現したという。

仏像を発見したのは地元住民。現在、考古学者たちが仏像の調査を行っている。学者たちは仏像について、明の時代(1368-1644)のもので350年以上前に建立されたとの見方を示している。

また学者たちは、貯水池の底の仏像の足の近くに古代の寺院があると考えている。学者たちは水中機器を使って調査する方針。

文化関連ニュースはこちら

関連:

中国、毛沢東を悪魔に例えると、解雇
アサンジ氏が住む部屋を再現したコピーがパリの展示会にお目見え 【写真】
タグ
文化, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント