13:13 2018年12月17日
目

英国の人気ミュージシャン、ひきこもりをモチーフにビデオクリップ制作【動画】

© Flickr/ shiranai
文化
短縮 URL
151

18日、日本のひきこもりからインスピレーションを得て作られたビデオクリップ「No Reason」が公開され、人気を集めている。

このクリップはミュージシャンであり英国を代表するプロデューサーのボノボ(サイモン・グリーン)によるものである。「No Reason」では、「私の小さな家」と書かれた掛け軸がかかった部屋と、ひきこもりの男性が映し出され、彼の夢とも生活ともつかない光景が描かれている。だるまの

絵や日本風カレンダーもあり、忠実に日本のひきこもり生活を再現している。

理由もなく若者が(若者だけではないが)ひきこもるという現象は日本に特徴的なもので、英国のミュージシャンまでもが注目しているのは驚きだ。 日露のひきこもり事情についてスプートニクが行った分析はこちらをご覧ください。

タグ
エンタメ, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント