14:35 2017年05月30日
東京+ 27°C
モスクワ+ 14°C
    日本 アフガニスタンから盗み出された文化財約100点を返還

    日本 アフガニスタンから盗み出された文化財約100点を返還

    © AP Photo/ Stringer
    文化
    短縮 URL
    0 1215220

    日本の当局は、内戦中にアフガニスタンから流出し、外国へ持ち出されたアフガニスタンの首都カブールにある国立博物館の展示品およそ100点をアフガニスタンに返還した。博物館の事務所が通信社「スプートニク」に伝えた。

    そしてこの度返還を受けて特別な式典が開かれ、日本が国立博物館に返還した文化財102点が紹介された。

    国立博物館広報室のナディル・シャフ・カタヴァジ氏は「スプートニク」に、返還された文化財には彫刻の一部や仏像、陶器、石の彫刻などが含まれていると語り、これらの文化財は欧州やアジアの複数の国々で日本人によって発見されたものだと述べた。

    内戦時の1992年から1996年に国立博物館の文化財の最大8割が盗まれたり破壊されたりした。

    先に伝えられたところによると、イランで今から1500年前の身長2メートルもの巨人の遺体が見つかった

    タグ
    文化, アフガニスタン, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント