19:56 2018年06月22日
中国 下水工事で5百年前の水晶の棺とミイラが発見

中国 下水工事で5百年前の水晶の棺とミイラが発見【写真】

© Fotolia / Sebastian Corneanu
文化
短縮 URL
0 60

中国で下水管の敷設工事中に古代の墓が偶然発見された。墳墓は今からおよそ500年前に埋められたものと推定され、中からミイラ2体の入った水晶の棺が見つかっている。

スプートニク日本

墳墓が発見されたのは3月19日、河南省周口市太康県 。サウスチャイナモーニングポスト紙が報じた。

研究者らは、埋葬されていたのは明の時代の有名な役人、グ・ツゾの孫とその妻ではないかと推定している。

遺体の服の保存状態はきわめて良好で、金糸かがりが施されている様子もわかるほど。2体のミイラは水晶の棺に納められていた。

ネットユーザーの間では墳墓には剣、扇などの副葬品がすでになかったことから、地元民によって盗まれていたのではないかと危惧が表されたものの、これに対して地元政府は明の時代の役人は質

な生活をしていたため、価値の高い副葬品はおそらくなかったのではないかとの見方を示している。

タグ
発見, 歴史, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント