02:31 2019年07月20日
歴史家:1世紀のコインにキリストの本物の姿が描かれているのを発見

歴史家:1世紀のコインにキリストの本物の姿が描かれているのを発見 【写真】

© Fotolia / Victor Marques Fernandez
文化
短縮 URL
0 65

英国の歴史家で聖書研究者のラルフ・エリス氏は、キリストの唯一の真の姿は、1世紀のブロンズコインに描かれている顔だと主張している。

スプートニク日本

これまで直径24ミリのコインに描かれたひげを生やした顔は、現在のトルコ南東部にあったオスロエネ王国(エデッサ)の支配者マヌ王だと考えられていた。

約30年にわたって続いた研究結果により、エリス氏は、1世紀半ばに統治していたマヌ王とイエス・キリストは同一人物であるとの結論に達した。

エリス氏はマヌ王とキリストの伝記を研究し、2人の間に一致や共通点があることを発見、これは偶然ではないとの見方を示している。

エリス氏は、同じ人物が後に「イザス・マヌ王」と「イエス・エマニュエル」という名で有名になったとの考えを示している。

先の報道では、ポーランドのクラクフのサンクチュアリ・オブ・ディバイン・マーシーで、アンジェイ・ドゥダ同国大統領と海外からの多くの巡礼者出席の元、イエス・キリストの国王即位式が行われた。

タグ
文化, 宗教, 歴史, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント