20:32 2018年07月19日
イタリアの芸術家ミケランジェロ・ブオナローティ「アダムの創造」

ミケランジェロの新作品が発見 【写真】

© 写真 : Public domain
文化
短縮 URL
152

聖書の場面を描写する巨匠ミケランジェロの「イサクの犠牲」作品の修復作業中、裏側に描かれた素描が見つかった。AFP通信が報じた。

スプートニク日本

新素描が同聖書の場面を描写し、黒鉛筆で1530年に描かれた。

カーサ・ブオナローティ財団のピーナ・ラジョニエーリ代表によると、19世紀の終わりから20世紀初頭にかけ、古い紙に描かれた芸術作品を保護するため、厚紙に貼り付ける慣習があった。新素描は、修復技師がこの厚紙をはがした際に発見された。AFP通信が報じた。

​ミケランジェロの新素描がイタリア首都ローマで22日から来月7日まで一般公開される。

タグ
文化, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント