00:55 2019年12月07日
オリバー・ストーン監督、米国人に新たな世界観をもたらすプーチン大統領の映画を撮影

オリバー・ストーン監督、米国人に新たな世界観をもたらすプーチン大統領の映画を撮影

© Sputnik / Grigory Sysoev
文化
短縮 URL
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
0 360
でフォローする

米国のオリバー・ストーン監督は、シドニー・モーニング・ヘラルド紙のインタビューで、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に関する映画に取り組んでいると述べた。通信社「スプートニク」が報じた。

スプートニク日本

監督は「映画は、我々米国人が知らない世界観をもたらす」と強調した。

ストーン監督は「プーチン氏は最も重要な世界のリーダーの一人であり、そのため米国は彼を自分たちの敵、偉大な敵だと発表した。非常に重要なのは、彼が言いたいことを私たちが耳にすることだ」と作品の構想を説明し、プーチン大統領と数回会ったことがあると指摘した。

監督は「私は初めからスノーデン氏(米情報機関の元職員)についてプーチン氏と話をし、これは映画になっている。そこから信頼が高まったのではないかと考えているが、プーチン氏は私が余計な編集をしないことを知っている」と語った。

監督によると、新たな映画では、プーチン氏が2000年にロシア大統領になってから起こった出来事に関するプーチン氏の見解が描かれる。

先の報道によると、ロシア外務省のザハロワ報道官は、Yahoo Global Newsのインタビューで 、ロシアの国家機構を「政権」と特徴づけたインタビュアーのケティ・ク リク氏を批判した

トピック
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント