18:47 2018年09月20日
ヴァイオリン奏者のワジーム・レーピンさんとボリショイ劇場のプリマドンナ、スヴェトラーナ・ザハーロヴァさん

東京で「日本におけるロシアブーム」フェスティバルの開催が計画されている

© Sputnik / Aleksandr Kryazhev
文化
短縮 URL
2150

フェスティバル「日本におけるロシアブーム」は、今年12月11日に東京で開幕する予定。フェスティバルを発案したロシアのヴァイオリニスト、ワジム・レーピン氏が明らかにした。レーピン氏によると、同フェスティバルは5-7年続く見込み。

スプートニク日本

レーピン氏は「私は文化省が我々を支援することに非常に期待している」と述べた。レーピン氏によると、すでに一定の合意に達した日本のパートナーたちが、支援の大部分を担う。

レーピン氏は「フェスティバルに参加するのはロシアの最も偉大なアンサンブルやアーティストだけではない」と指摘した。

またレーピン氏によると、同フェスティバルは現在日本で開催中のフェスティバル「ロシアの季節」の続きのようなもので、数年間続く。

レーピン氏はフェスティバル「日本におけるロシアブーム」について、「音楽や映画プロジェクト、コンサートに加えて、ロシア料理フェスティバルの開催を計画している。祭典の雰囲気をつくり出すためにはコンサートだけでは不十分だ。非常に多面的なものとなる必要がある」と述べた。

この前、4日、東京文化会館でフェスティバル「ロシアの季節」の開会式が行われた。通信社「スプートニク」の特派員が現地から伝えた。

タグ
文化, 音楽, バレエ, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント