14:42 2017年10月17日
東京+ 14°C
モスクワ+ 7°C
    デニス・ロヂキンデニス・ロヂキン

    日本への愛とジゼル上演前の興奮を語る=デニス・ロヂキン

    © 写真: 「ロシアの季節」 © Sputnik/ Anastasia Fedotova
    1 / 2
    文化
    短縮 URL
    アナスタシア フェドトワ
    日本、「ロシアの季節」初の開催国に (37)
    0 100582

    大規模文化プロジェクト「セゾン・リュス」開幕を前に行われた記者会見で、ボリショイ・バレエを代表するダンサーの一人、デニス・ロヂキンは「日本の皆さんに『ジゼル』をお見せすると考えると興奮を感じる。私は、日本の観客の方々、そして日本という国を愛している」と述べた。スプートニク通信特派員が伝えた。

    スプートニク日本

    ロヂキンは、次のように述べた-「日本行きは、いつも自分を大変ドキドキさせる。というのは日本の観客は、最高のバレエ・アーチストを見ており、彼らを驚かすのは容易ではないからだ。胸はドキドキしているが、この興奮は、とても心地良いものだ。なぜなら、それが私達を舞台に押し出してくれ、一体感のある舞台にしてくれるからだ。」

    今年は、ロヂキンが日本を初めて訪れてから、5年目となる。日本について彼は、次のように話している-「私はこの国、そして日本の観客の方々を大変愛している。初めて日本を訪れたのは2012年だったが、この国は、私に深い印象を与えた。」

    なお彼のパートナー役であるスヴェトラーナ・ザハーロワは、初来日から今年は20年目となる。

    ザハーロワとロヂキン
    © 写真: 「ロシアの季節」
    ザハーロワとロヂキン

    ロヂキンは、さらに次のように述べた-「私に一番大きな印象を与えたのは、公演後、私を待ち構えて下さったファンの数だった。私にとって、あれほどの体験をしたのは昨日が初めてだった。公演後、あんなにたくさんの方々が立って私を待って下さっていたのだ。とても嬉しいことだ。恐らく、日本ほどロシア・バレエを愛して下さる国は、世界のどこにもないだろう。」

    今後のプランについてロヂキンは「今年9月にも日本を訪れ、ザハーロワ、そしてバイオリン奏者のワヂム・レーピンと共に『トランス・シベリア芸術祭』に参加する計画だ」と伝え「秋に日本に来たことがなかったので楽しみだ」と述べた。

    4日、デニス・ロヂキンは、大規模文化プロジェクト「セゾン・リュス」の開幕を告げるバレエ「ジゼル」の舞台に立った。 先にお伝えした通り、日本の安倍首相も、ロシア・バレエの素晴らしさを高く評価している。

    ジゼル
    © Sputnik/
    ジゼル
    トピック
    日本、「ロシアの季節」初の開催国に (37)
    タグ
    ボリショイ劇場日本公演, バレエ, 露日関係, ボリショイ劇場, ボリショイ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント