19:28 2018年11月19日
レオナルド・ディカプリオ

ディカプリオがオスカー像を無くした?【写真】

© AFP 2018 / NIKLAS HALLE'N
文化
短縮 URL
0 11

米俳優レオナルド・ディカプリオ氏が、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の撮影後に製作会社「レッド・グラナイト・ピクチャーズ」から寄贈されたオスカー像を、米司法当局に返還した。ロイターが16日付の記事で報じた。

スプートニク日本

米司法省はマレーシア政府系ファンド、ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)からの不正資金流用があったとして提訴。1MDBの創設者であるナジブ首相の息子アジズ氏が設立した同製作会社は、不正流用した資金で像を贈ったと見られている。調査によると、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の撮影のために、同フォンドから1億ドルが資金洗浄でねん出された。

ウルフ・オブ・ウォールストリートは2013年に公開。監督はマーティン・スコセッシ氏。「作品賞」などアカデミー賞5部門でノミネートされる。

ディカプリオ氏は2016年、「レヴェナント 蘇りし者」で「最優秀男優賞」を初受賞した。

この前、オリバー・ストーン監督はレオナルド・ディカプリオがプーチン大統領役とレーニン役も映画で演じられると述べた

ディカプリオがオスカーへ伸びている
ディカプリオがオスカーへ伸びている
タグ
びっくり, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント