01:51 2017年10月19日
東京+ 12°C
モスクワ+ 12°C
    ハリー・ポッター

    世界を変えた魔法使いの歴史 あなたが知らないハリポタ10の事実

    commons.wikimedia.org
    文化
    短縮 URL
    0 117061

    信じがたいが、6月26日今日、ハリポタシリーズの第1作、J.K.ローリング氏作『ハリー・ポッターと賢者の石』の本が英語で出版されてもう20年になる。スプートニクは、ハリー・ポッターの魔法に満ちた世界についての興味深い事実10選をお送りします。

    スプートニク日本

    ① ローリング氏は、数十億を稼いだ初めての大富豪作家となった。

    ② 多発性硬化症による母親の死は、ローリング氏の作品に強く影響を及ぼした。死はハリー・ポッターシリーズを通しての主なライトモチーフの1つとなった。

    ③ 嘆きのマートルを演じた女優のシャーリー・ヘンダーソンは、当時37歳だった。ホグワーツ魔法魔術学校の生徒を演じた全ての女優・俳優の中で、ヘンダーソンは最年長だった。

    ④ ローリング氏の著作権エージェントは草稿を12の出版社に送ったが、全社が拒否した。

    ⑤ 『ハリーポッターとアズカバンの囚人』が英国で出版された時、「サボり」を恐れた出版社は本屋の経営者に、学校が閉まる夕方まで本を売らないように頼んだ。

    ⑥ ハリーポッターとローリング氏の誕生日は同じで7月31日。ハリーは1980年生まれで、ローリング氏は15年早い1965年生まれ。

    ⑦ ヴォルデモートという名はフランス語の「死の飛翔」または「死の窃盗」という意味で、主な目的は死に打ち勝つこと。

    ⑧ ダンブルドアは古英語でマルハナバチを意味する。ローリング氏は、この名前がダンブルドアにぴったりだとして、「彼の趣味の1つは音楽。そして私は、彼が歩いて鼻の下でぶんぶんと音を鳴らすことを想像していた」と述べた。

    ⑨ ハリポタシリーズで色は大きな役割を果たす。赤色系の色は優しさと寛大さを象徴し、グリフィンドールの赤い服にそれを見ることが出来る。また、赤色はハリーの赤インクや赤いホグワーツ特急にも見られる。ウィーズリー家には赤毛に家の赤い屋根。緑は常に悪い出来事と連想されている。

    ⑩ ローリング氏は、大好きな動物であるカワウソへの変身願望があると述べる。作中には、ハーマイオニー・グレンジャーの守護霊としてかわうそが登場している。

    26日、「ハリー・ポッター」シリーズ第1作が出版されてから20年となった。

    タグ
    おもしろい, エンタメ, 映画, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント