15:59 2019年10月16日
ミツバチ

昆虫兵器の歴史 ミツバチは戦闘行為にどう参加したか

CC0 / Pixabay
文化
短縮 URL
0 20
でフォローする

昆虫を敵への攻撃に用いる昆虫兵器の初利用は古代にさかのぼる。また研究者は、現代の戦闘における蚊、ノミ、ミツバチや甲虫使用の可能性を除かない。

スプートニク日本

戦争における昆虫利用が文書によって確認されるのは、紀元前4世紀が最初で、その歴史はプロテスタントとカトリックが起こした最後で最大の宗教戦争、三十年戦争まで追うことができる。古代の論文から明らかになっているところ、神聖ローマ帝国軍とその敵対者は、ミツバチを詰めた容器、いわゆる「ミツバチ爆弾」を用いた。

このテーマについての本『6本足の兵士』を書いた生物科学教授のジェフリー・ロックウッド教授(昆虫学)は「20世紀には、風車を思わせる特別な投射機すら開発された」と述べる。この機械を用いて、石だけでなくミツバチの入った蜂の巣も投げられた。

エチオピア戦争
エチオピア戦争

現代の研究者は、ミツバチが素晴らしい嗅覚を持っており、麻薬や爆薬発見に用いることができると考えている。クロアチアの生物学者らは、ミツバチがトレーニングを受けた犬や電子機器よりもより良く地雷を発見できると確信している。しかし、昆虫を操ることはかなり難しいため、工兵は伝統的な方法で地雷を探しを続けている。

関連記事

米が恐れたソ連最良の兵器5選 米誌ナショナル・インタレスト版【写真】

米国のレーザー兵器:成功ではあるが、効果はきわめて限定的

タグ
びっくり, 歴史, 武器・兵器
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント