21:12 2018年12月18日
仏カルト的映画監督リュック・ベッソン 次回の撮影はロシア

仏カルト的映画監督リュック・ベッソン 次回の撮影はロシア

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova
文化
短縮 URL
0 30

『グランブルー』『ニキータ』『レオン』で世界にカルト的人気を誇る仏映画監督のリュック・ベンソン氏は次回の作品の撮影地をロシアに決めたことを明らかにした。

スプートニク日本

ベンソン監督は『ヴァレリアンと1000の惑星の都市』のプレミアのためにモスクワを訪れ、スピーチをした中で明らかにした。

ベンソン監督は「あなた方がそれ(ロシアで撮影の計画)を知っているなんて、驚いたよ。私はプレミアにいた友人らにこれを漏らしただけだったんだが」と述べ、自分が準備が出きた時点で記者団とこのテーマを話し合うと付け加えた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント