10:35 2018年10月19日
カズオ・イシグロ氏

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏

© AFP 2018 / Matt Carr
文化
短縮 URL
0 52

2017年ノーベル文学賞は、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏に授与されることが決まった。

スプートニク日本

同氏の代表作には、『日の名残り』、『わたしを離さないで』、『忘れられた巨人』などがある。

ノーベル文学賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミーは、大きな表現力を持つイシグロ氏の小説は、「世界と我々の幻想のつながりの下に」深淵をひらいたと発表した。

ブックメーカー(掛け屋)の予想では、今年の最有力候補はケニアの作家のグギ・ワ・ジオンゴさん、2位は日本の作家の村上春樹さんだった。また最近その作品『侍女の物語』がドラマ化されたカナダの作家、マーガレット・アトウッドさんも受賞の確立が高いとされていた。

ノーベル文学賞の授与は1901年に始まった。昨年の受賞者は米国の詩人でミュージシャンのボブ・ディランさん。2015年度はベラルーシの作家でありジャーナリストのスヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチさんが授与した。アレクシーエヴィッチさんはノーベル文学賞史上、14人目の女性受賞者となった。

村上春樹氏の受賞が騒がれたのは今年が初めてではない。村上氏は、長年、何度もオスカー賞を取り逃がしたあのデカプリオ氏とまで比較されている。

ノーベル賞は、1895年11月27日に署名された発明家アルフレッド・ノーベルの遺言に従って創設された。

関連ニュース

ノーベル物理学賞受賞者が、革命的発見の価値について語る

ノーベル化学賞受賞者が決定

ノーベル生理学賞 受賞者が明らかに

タグ
ノーベル賞, 文化, 文学, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント