20:55 2020年08月04日
文化
短縮 URL
0 81
でフォローする

グアテマラ北部の密林で古代マヤ文明の建造物6万個以上が見つかった。科学誌「ナショナル・ジオグラフィック」が報じた。

スプートニク日本

チームは遺跡探索に革命的な技術であるレーダーによる光学走査技術「LiDAR」を用いた。この技術を用いればデジタルフォーマットの写真から木々を取り除くことができ、空からの撮影で鬱蒼とした密林下にある物体を検知することが可能。チームは家屋、宮殿、道路、テラス、複雑な灌漑システムの遺跡を発見した。

​考古学研究でのデジタルテクノロジー使用を専門とする米イサカ・カレッジの考古学者トーマス・ガリソン氏は「LiDAR画像は、この地域全体が規模と人口密度が過小評価されていたコミュニティーであることを明らかにする」。

マヤ文明の建造物
© 写真 : Wild Blue Media
マヤ文明の建造物

ガリソン氏は、マヤ遺跡の研究保護を行うグアテマラの基金「PACUNAM」が発起したプロジェクトのメンバー。ペテン区にあるマヤ生物圏保護区の2100平方キロがすでにマッピングされた。

「中米や(カンボジア)アンコール・ワットからのLiDARを基盤にした新たな証拠を基に私たちは、複雑な社会は密林で形成される可能性があり、その密林から発生した可能性があると考える必要がある。」

マヤ文明の建造物
© 写真 : Wild Blue Media
マヤ文明の建造物

米テュレーン大学の考古学者、フランシスコ・エストラーダ・ベッリ氏は「大半の人は常に、マヤの人口はおよそ500万人だと考えていた」とした上で「新たなデータがある今は、1000万から1500万人が住んでおり、多くは、生活に適していないと以前は考えていた人もいる低地や湿地帯に住んでいたと想定することは根拠のないことではない」と述べる。

関連ニュース

2700年前の古代都市の地下遺跡が発見 シチリア

タグ
研究, 文化, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント