06:32 2018年05月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 17°C
    Кадр из советского фильма Бриллиантовая рука, выполненный в стиле аниме в рамках проекта Animotion художника Дмитрия Грозова

    ロシア人画家がアニメ絵で描くソ連・ハリウッド映画の登場人物 SNSを魅了

    © 写真: Ahriman aka Dmitry Grozov/VK
    文化
    短縮 URL
    0 111

    3月中旬、現代アニメの絵柄で描かれた一連のソ連映画からの有名なシーンがSNSで拡散された。様式化を行ったのはプロのロシア人画家ドミトリー・Ahriman・グローゾフ氏。グローゾフ氏は成功にインスピレーションを得て、着想を膨らませてアニメの画風でハリウッド大作の登場人物も描き出した。グローゾフ氏が手がけた登場人物とオリジナルのシーンを比べてください。

    スプートニク日本

    インターネットで有名になった様式化は、グローゾフのプロジェクト「Animotion」の一部にすぎない。グローゾフ氏は、このシリーズのアイデアはよくある冗談から生まれたもので、「2,3のアートで終わるはずだった」が、今では中断させたくないと語る。ある時、ユニークな絵が日本を含むロシア国内外で注目された。グローゾフ氏は様々な主人公を描く依頼を受けるようになった。

    あなたはどのような登場人物をグローゾフ氏に描いて欲しいですか?

    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『イヴァン・ヴァシリエヴィチ、職業を変える』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『イヴァン・ヴァシリエヴィチ、職業を変える』のワンシーン
    ソ連映画『イヴァン・ヴァシリエヴィチ、職業を変える』のワンシーン
    ソ連映画『イヴァン・ヴァシリエヴィチ、職業を変える』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『ダイヤモンド・アーム』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『ダイヤモンド・アーム』のワンシーン
    ソ連映画『ダイヤモンド・アーム』のワンシーン
    ソ連映画『ダイヤモンド・アーム』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『ジェントルマン・オフ・フォーチャン』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『ジェントルマン・オフ・フォーチャン』のワンシーン
    ソ連映画『ジェントルマン・オフ・フォーチャン』のワンシーン
    ソ連映画『ジェントルマン・オフ・フォーチャン』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『戦いに赴くは老兵のみ』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『戦いに赴くは老兵のみ』のワンシーン
    ソ連映画『戦いに赴くは老兵のみ』のワンシーン
    ソ連映画『戦いに赴くは老兵のみ』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『作戦「ウィ」とシューリクのその他の冒険』のワンシーン
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げたソ連映画『作戦「ウィ」とシューリクのその他の冒険』のワンシーン
    ソ連映画『作戦「ウィ」とシューリクのその他の冒険』のワンシーン
    ソ連映画『作戦「ウィ」とシューリクのその他の冒険』のワンシーン

     

    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げた映画『フィフス・エレメント』のワンシーン
    © 写真 : Ahriman aka Dmitry Grozov/VK
    芸術家ドミトリー・グローゾフ氏がプロジェクト「Animotion」でアニメの画風に仕上げた映画『フィフス・エレメント』のワンシーン
    映画『フィフス・エレメント』のワンシーン
    映画『フィフス・エレメント』のワンシーン
    タグ
    文化, 露日関係
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント