17:52 2018年11月21日
タージ・マハル

タージマハルの滞在時間を制限

© Fotolia / RAWPixel
文化
短縮 URL
0 20

4月1日からインド北部にある世界遺産タージマハルの滞在時間が1日3時間までに規制される。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

タージマハルはインドで最も人気のある世界遺産で、1日5万人ほどの観光客が訪れる。うち多くは1日中同施設に滞在するため、混雑が起きている。

タージ・マハルは17世紀、ムガル帝国の皇帝が娘を産み亡くなった愛妃のために建てた霊廟と尖塔。

関連ニュース

タージ・マハルの段階で日本人のセルフィー好きが死亡

中国 重さ2千トンの寺院が持ち上げられる

タグ
観光, 歴史, 宗教, 文化, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント