15:16 2018年08月18日
シギルの偶像

有名なウラルの偶像、最古の悪魔の彫刻だった【写真】

© Sputnik / Pavel Lisitsyn
文化
短縮 URL
0 10

現存する世界最古の彫刻だと見られるシギルの偶像は実際に1万1000年以上前に作られたと確認された。研究者によると、ウラルの偶像は、世界最古の悪魔や悪霊の彫像ということになる。論文は科学誌『Antiquity』に掲載された。

スプートニク日本

木造であるシギルの偶像はロシア・ウラルで19世紀中頃に発見された。胴体は全面、幾何学模様が刻まれている。

​顔の広い部分にも文様が刻まれている。ウラルの偶像が作られた年代に関する論争は数十年行われたが、新たな研究でドイツの考古学チームが、偶像は少なくとも1万1000年前のものだと特定した。偶像の顔は悪魔を擬人化したもので、偶像自体は儀式で使われたか、特定のテリトリーから人びとを追い払うために用いられた可能性がある。

​関連ニュース

インドで驚くほど古い道具が見つかる

東アフリカで古代のオーバーテクノロジーが見つかる

タグ
歴史, 文化, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント