11:52 2018年10月21日
日本の是枝裕和監督

カンヌ国際映画祭で日本映画が最高賞を受賞【写真】

Sputnik
文化
短縮 URL
0 66

第71回カンヌ国際映画祭で、日本の是枝裕和監督の映画「万引き家族」が、最高賞のパルムドールを受賞した。

スプートニク日本

「万引き家族」は、凍えている幼い少女を見つけ、引き取ることにした現代日本の珍しい家族の物語り。

​​審査員賞は、レバノンのナディーン・ラバキー監督の映画「カペルナウム」、審査員特別賞は、巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の「イメージ・ブック」が受賞した。

​また監督賞はポーランドのパヴェウ・パヴリコフスキ監督(映画「コールド・ウォー」)、男優賞はイタリアのマルチェロ・フォンテ氏(「ドッグマン」)、女優賞はカザフスタンのサマル・イェスリャーモワ(ロシア映画「アイカ」)に贈られた。

​カンヌ国際映画祭は仏コート・ダジュールで5月8日から19日に開催され、パルムドールを競うコンペティション部門には21作品がノミネートされた。

関連ニュース

現代映画がわからない?巨匠エミール・クストリッツァもです

カンヌ映画祭、レッドカーペットでのセルフィ禁止

タグ
映画, 文化, 欧州, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント