09:25 2018年06月21日
偽スフィンクス

偽スフィンクス、またもエジプトと中国の争いの火種に

© AFP 2018 / STR
文化
短縮 URL
0 40

2年前、エジプト政府は中国河北省石家荘市のテーマパークに設置された偽スフィンクスの撤去にこぎつけた。だが中国人は再び観光客のため、「コピー品」を作りあげた。ロシアの旅行会社協会が報じた。

スプートニク日本

偽スフィンクスが中国に初めて登場したのは2014年。中国の映画会社が映画の装飾品として制作した。

エジプト考古省は国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に訴えた。それによると、偽物は「ギザにある本物のスフィンクスのイメージ」を歪め、「エジプトが観光業と映画産業から得られる収入」を減らした。

だが2018年5月には中国のスフィンクスは河北省で再び設計され、またもやエジプトの憤慨を引き起こした。

エジプト考古省はこれを「エジプト文明の遺産に対する目に余る態度」だと非難し、撤去を求める戦いを続ける方針だ。

関連ニュース

タイの人気ドラマが古代都市を危機に陥れる

タージマハルの滞在時間を制限

タグ
考古学, 歴史, 文化, 観光, エジプト, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント