05:43 2018年12月15日
レオナルド・ダビンチ

ダ・ヴィンチの最初期の署名作品、ローマで公開【写真・動画】

© Flickr/ Ashley Van Haeften
文化
短縮 URL
0 40

イタリアの研究者らが、レオナルド・ダ・ヴィンチの署名された作品のうち、最も初期のものについて、真作であることを立証し、ローマで公開した。この作品は、大天使ガブリエルを描いたマヨリカ焼きの絵。

スプートニク日本

ルネサンス期の偉大な巨匠の作品に関する専門家で芸術史家のエルネスト・ソラリ氏が記者らに語ったところによると、ダ・ヴィンチがこの肖像画を描いたのは、18あるいは19歳だった1471年。

大きさが20センチ四方のタイルに、ダ・ヴィンチは大天使の横顔を描き、大天使の下唇の下に暗号化された銘文を隠すことに成功した。筆跡学者のイヴァナ・ボンファンティノ氏の説明では、謎の銘文は、ダ・ヴィンチが大天使を自らの容貌に似せて描いたことを物語っているという。

署名は、展開された形では、「私、52年生まれのレオナルドは、1471年に、大天使ガブリエルとして自らを描いた」という内容。この際、巨匠は、辛うじて目に見える暗号化された断片において、自らが生まれた年や絵を描いた年だけでなく、大天使そのものの数である72についても示している。

ボンファンティノ氏は、「何よりも、これはダ・ヴィンチによる最初の署名された作品で、つまり我々は彼の残りの作品について、より早い期間のものであると決定できる」と述べている。

タグ
文化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント