00:46 2018年10月22日
ウラジオストク

あの時の感謝を琴の音で 救援物資提供のウラジオで福島県の演奏家らがコンサート

© Sputnik / Vitaliy Ankov
文化
短縮 URL
露日交流年 (40)
0 111

東日本大震災で福島県須賀川市に多くの救援物資を提供してくれたウラジオストクに感謝をこめて、「ウラジオストクの日」を祝う6月30日に、今度は日本から琴の音色がプレゼントされる。ウラジオストク日本総領事館が明らかにした。

スプートニク日本

琴のコンサートを行うのは須賀川市の箏曲 生田流宮城社・桐音会のメンバー、約30名。30日はウラジオストク市の中央広場で、また前日29日はアルチョム市で、31日は再びウラジオストクで合計3回、演奏を行う。

東日本大震災でロシアはほかに先駆けて日本へ支援を申し出た。総領事館は「その時の感謝の気持ちを届けたい」としており、これを機会に日本の琴の素晴らしさをロシアのより多くの人に知ってもらいたいと期待を表している。

関連ニュース

日本のボランティア団体 サッカーW杯ロシア大会に福島の学生を招待

ロシア語の勉強とはどんなものか?東京で開催されたロシア語コンクールの出場者たちへのインタビュー

トピック
露日交流年 (40)
タグ
文化, 音楽, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント