11:11 2018年10月23日
日本の芸術家、川俣正氏が、ロシアのためにインスタレーション作品を初めて制作へ

日本の芸術家、川俣正氏が、ロシアのためにインスタレーション作品を初めて制作へ

© AFP 2018 / Pierre Andrieu
文化
短縮 URL
0 40

日本の芸術家、川俣正氏が、ロシアのために初めてインスタレーション作品を制作する。鳥の巣を彷彿させる川俣氏の作品が、モスクワの「プーシキン美術館」の正面とホールに展示される。

スプートニク日本

美術館広報部は「川俣正氏は、美術館郡の古い建物を解体した際に出た資材を使って常設展示場と建物の正面に鳥の巣を彷彿させる『Para-site Project』という名のインスタレーション作品を制作する。すべてのオブジェクトは、プーシキン美術館のために特別につくられる」と発表した。

川俣氏の作品は、8月25日から10月28日まで展示される。

プーシキン美術館のマリーナ・ロシャク館長は、川俣氏は自身のオブジェクトを様々な場所の歴史に「織り込んでいる」と指摘し、「まさにそのため、川俣氏はプーシキン美術館における自身のプロジェクトのために、その前はゴリツィン家の屋敷の一部だった旧哲学研究所の古い板を集めており、このような形で古いモスクワの歴史と触れ合っている」と述べている。広報部が発表した。

川俣氏の最も人気のある作品の一つは、パリにある。川俣氏は、パリのヴァンドーム広場にインスタレーション作品「tree huts」を制作した。その後、同じようなインスタレーション作品が米ニューヨークにも登場した。またアブダビで展示された「Les Passage des chaises」やトロントの「Garden Tower」も有名。

関連ニュース

カザフ刑務所 囚人が日本語勉強へ

マインクラフトで『千と千尋』を細部まで完全再現【動画】

タグ
露日関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント