05:41 2018年12月10日
ウフィツィ美術館

イタリアの最も有名な美術館、展示品の3Dコレクションを開発【動画】

© Sputnik / Сергей Пятаков
文化
短縮 URL
0 10

最も入場者数が多いイタリアの美術館であり、欧州最古の美術館の一つでもあるフィレンツェ市のウフィツィ美術館が、古代彫刻の3Dコレクションをオープンアクセス化した。今後は、家から出ることなく、これらの彫刻を最も細かな詳細にわたって鑑賞することができる。

スプートニク日本

オンラインサービスでは、立体的な彫刻が展示されるだけではなく、これらの彫刻の姿を変えることも可能になっている。例えば、大理石でできた彫刻が突然、金属製になるとどうなるかを見ることができる。

2013年のデータによると、ウフィツィ美術館を訪れた人の数は187万708人で、これによって同美術館は、イタリアで最も入場者数が多い美術館となっている。

​関連ニュース

根付の最大級の展覧会、モスクワで開催へ

バンクシー展、モスクワで開催 本人には知らされず

タグ
芸術, テクノ, 文化, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント