20:22 2018年09月23日
古代文明によってつくられた墓

クレタ島の農業従事者、古代文明によってつくられた墓への落下を奇跡的に免れる【写真】

© 写真: Ministry of Culture and Sports
文化
短縮 URL
0 30

クレタ島で農業に従事している男性が、車で移動中に、不思議な穴を見つけた。これは、3400年前につくられた墓の入り口であることがわかった!Cretapost紙が報じた。

スプートニク日本

男性は、オリーブの木の木陰に車を止めようとした時、自動車が地下に落ちていくのに気づいた。タイヤの下には、直径およそ1.2メートルの穴が開いていた。穴を覗いた男性は、考古学者らを呼んだ。

現場に到着した考古学者のグループは、地面の下に青銅器時代の後期ミノア文明の墓があることを明らかにした。

1 / 3
古代文明によってつくられた墓

ミノア文明は謎が多く、その名称は、ギリシア神話に登場するクレタ島の王ミーノースに由来している。ミーノースは、牛頭人身の怪物ミーノータウロスが幽閉された迷宮の所有者。

墓からは、骨が入っている典型的なミノア文明の棺が複数見つかった。

またカラフルな装飾品や死後の贈り物が入った粘土の容器が約20個発見された。これらにより、墓が紀元前1400年から1200年につくられたことがわかったという。

関連ニュース

中国考古学者ら、紀元前3~8世紀の霊廟136カ所発見

古代エジプトの大元帥の墓が発掘【写真】

タグ
考古学, 歴史, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント