09:55 2018年11月20日
松竹大歌舞伎

モスクワで歌舞伎 初のソ連公演から90年【写真】

© Sputnik / Vladimir Vyatkin
文化
短縮 URL
露日交流年 (46)
0 31

モスクワで9日、「松竹大歌舞伎 近松座訪露公演」の初日が行われた。公演はモスクワで9月15日まで、サンクトペテルブルクで9月19日から22日まで行われ、近松門左衛門の『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』と『吉野山』が上演される。

スプートニク日本

歌舞伎公演は、2018年の露日交流年の文化事業の一環。

なお今年は、歌舞伎のソ連公演が初めて行われてからちょうど90周年にあたる記念の年。ソ連時代の1928年にモスクワとレニングラード(現サンクトペテルブルク)で初めて歌舞伎の公演が行われた。

  • 松竹大歌舞伎
    松竹大歌舞伎
    © Sputnik / Vladimir Vyatkin
  • 松竹大歌舞伎
    松竹大歌舞伎
    © Sputnik / Vladimir Vyatkin
  • 松竹大歌舞伎
    松竹大歌舞伎
    © Sputnik / Vladimir Vyatkin
  • 松竹大歌舞伎
    松竹大歌舞伎
    © Sputnik / Vladimir Vyatkin
  • 松竹大歌舞伎
    松竹大歌舞伎
    © Sputnik / Vladimir Vyatkin
1 / 5
© Sputnik / Vladimir Vyatkin
松竹大歌舞伎

歌舞伎のソ連公演を企画したのは、外交官のイワン・マイスキー。マイスキーは1927年から1929年まで在日ソ連代表部の顧問を務めていた。日本の演劇は外国人にわかりづらいとの懸念から、音楽、舞踊、演技の総合芸術である歌舞伎が選ばれた。また当時、歌舞伎は英語のリブレットを持つ唯一の日本の劇場だった。

関連ニュース

初の歌舞伎海外公演から90年、ロシアで記念へ 俳優が訪露に期待することは?

トピック
露日交流年 (46)
タグ
芸術, 文化, 露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント