15:48 2018年10月22日
寿司

大食いのスポーツマン、レストランを出禁となる

© 写真: Enami Imane
文化
短縮 URL
0 11

食べ放題を実施しているドイツのレストランは、トライアスロン愛好者のヤロスラフ・ボブロフスキーさん(30)の出入りを禁止した。

スプートニク日本

情報サイトThe Localによると、ボブロフスキーさんは、バイエルン州ランツフートの日本食レストラン「Running Sushi」で、一度に約100皿の寿司を食べ、料理人たちを驚かせた。

ボブロフスキーさんは、15.9ドルの寿司食べ放題で、約100皿の寿司を食べた。

食事を終えたボブロフスキーさんは、ウェイターにチップを渡すためにレジに寄った。だがウェイターらはチップを受け取らず、レストランのオーナーと料理長が訪れ、今後レストランに来ないよう言い渡した。

ボブロフスキーさんによると、1日に20時間は食事をとらず、その後、満腹になるまで食べるという特別なダイエットをしているという。

ボブロフスキーさんはソフトウェアエンジニアで、余暇時間にはトライアスロンに取り組み、トライアスロン大会Ironmanなどに参加している。

ボブロフスキーさんは、レストラン側の決定にひどく驚いた。同氏は、「Running Sushi」の常連客だったという。一方、体重79キロ、身長172センチのボブロフスキーさんは、常にお腹いっぱいになるまで食事をしていたものの、一度にこれほどたくさんの寿司を食べたことはなかったという。

関連ニュース

韓国に住む男性、寿司レストランで中毒後に腕を切断

寿司愛好家が体内から1.5メートルの寄生虫を引きずり出す 米【写真】

タグ
食べ物, スキャンダル, びっくり, おもしろい, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント