20:56 2018年11月17日
インドにあるWhatsApp

ワッツアップ、偽ニュース対策運動をインドで始動

© REUTERS / Rupak De Chowdhuri
文化
短縮 URL
141

ワッツアップが、フェイクニュースに反対する社会的キャンペーンをインドで始動させた。フェイクニュースは同社のメッセンジャーアプリケーションを経由して拡散し、同国で殺人事件数件の原因となっている。ロイター通信が伝えている。

スプートニク日本

ロイター通信によると、キャンペーンの一環として、同アプリ特有の色に塗られた特殊な自動車に乗った俳優の一団が同国の10都市を巡回して、どのようにフェイクニュースが拡散し、なぜフェイクニュースが暴力の突発につながる可能性があるのかについて現地で芝居を上演する。

同通信は、インドでは2億人がワッツアップを利用していると強調。最近では、同アプリがフェイクニュース拡散のためのプラットフォームとなり、これらのフェイクニュースが原因でリンチの件数が増加している。同通信は、偽情報が原因となり、同国では2017年1月以降、およそ30人が殺害されたと強調している。

関連ニュース

人工知能、人間よりも偽ニュースを正しく見分けることを学ぶ

「日本で忍者不足」の偽ニュースで就職希望者が殺到

タグ
おもしろい, インターネット, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント