10:32 2018年11月13日
朝、時計

日本企業で、社員の睡眠に対して報酬を支払う制度が導入される

© Fotolia / ComZeal
文化
短縮 URL
0 31

日本のCRAZY社は、社員の睡眠に対して報酬を支払う制度を導入した。同社広報室の五来未佑氏が、通信社スプートニクに語った。

スプートニク日本

五来氏によると、1週間に5日以上、6時間以上の睡眠時間を確保できた社員に報酬が支払われる。報酬は1ポイント=1円。5日間達成した場合には、500ポイント、6日間の達成では600ポイントが付与され、7日間にわたって6時間以上の睡眠時間を確保した社員には、1000ポイントが付与されるという。また1ヶ月間毎日計測した社員には、1000ポイントが付与される。したがって、1カ月間で5000ポイントの報酬を受け取ることが可能。

CRAZYは2012年に設立され、オリジナルウエディングのプロデュースを行っている。同社のホームページによると、「創業時から『社員の健康』を、経営の優先順位の一番に掲げている」。

関連ニュース

フィンランドで仕事中の昼寝が人気上昇

日本人の7割が不眠 なぜ眠れない理由と対処法

タグ
おもしろい, 病気, 観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント