20:30 2018年11月15日
スターバックス

スターバックス、米国初の聴覚障害者のための店舗をオープン【動画】

CC BY-SA 3.0 / 4028mdk09 / Starbucks Coffee
文化
短縮 URL
0 53

米コーヒーチェーン大手スターバックスは、米国初の聴覚障害者のための店舗をオープンした。同店舗は、世界で唯一の聴覚障害者を対象としたギャローデット大学の近くにある。

スプートニク日本

同店舗では、手話に長けた聴覚障害者およそ25人が働く。顧客は手話で注文することができる。

​また、別の店舗では注文した商品の準備状況が口頭で伝えられるが、同店舗では、電子ディスプレイに表示される。CNNが報じた。

スターバックスは他の企業に対し、聴覚障害者に雇用の場を提供することは、より良い統合で彼らの役に立つだけでなく、さまざまなセグメントの市場カバレッジも改善するため、ビジネスにも役立つことを示した。

関連ニュース

スタバ、プラ製ストロー廃止へ 環境に配慮

スターバックス、仮想通貨による支払い受け入れへ

タグ
おもしろい, 食べ物, 病気, 文化, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント