05:40 2018年11月15日
本

フランス国内で最も権威ある文学賞の受賞者が決まる

© Flickr/ Camilo Rueda López
文化
短縮 URL
0 10

7日、フランスで最も権威ある文学賞のゴンクール賞が決定し、作家のニコラス・マシュー氏が小説『Leurs enfantsaprèseux』(ロシア語からの翻訳:『彼らの後の子どもたち』)で受賞した。

スプートニク日本

この本は、ティーンエイジャーのアンソニーとその初恋の物語。

昨年は、エリク・ヴェイヤール氏の小説『議題(L'Ordre du jour)』が受賞。

ゴンクール賞は100年以上にわたり、フランス語の最も優れた小説に授与されている。

ゴンクール賞の賞金はシンボル的なものでわずか10ユーロだが、受賞者には名声や知名度への幅広い道が開かれるだけでなく、小説の一定量の発行部数も保証される。

​関連ニュース

NASA、火星を散歩できるバーチャル・リアリティー技術に賞を授与

ノーベル経済学賞が発表される

タグ
文化, 文学, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント